書家 浅井微芳。「優美」な世界を創る。「筆舞」・「優美メソッド」・「アート書」の創作者。~コンプレックスを解放、人生をクリエイトする~

優美展

優美舎ならではの作品展

筆は、人と競うためではなく、自分を磨き、互いを高め合うために、持ちたいと思います。

芸術に、賞やタイトルを置いて、人と、競い合うことが問題となるのではないでしょうか。そのシステムが、芸術の世界を不透明なものにしていると思います。私は、自分自身の「書道」を模索した、結果、自分の中での賞や段・級であればいいと考えています。私塾「優美舎」は賞を設けなくても満足できる新しい展覧会をめざしています。

アート書フェスティバル

2011年に、「第9回 優美舎作品展」など色々な催しを含んだ「アート書フェスティバル」という総合イベントを開催しました。主に、アート書の魅力と新しい世界を伝える集大成として開催しました。

・浅井微芳、個展。
アート書 絵付け陶磁器展。
アート書で絵本と童話の世界。
・新しい書のアプローチ&コンプレックス解消運動(ペン字体験)。
・七夕 五色別祈願(小筆体験)。
・書の舞台作品「筆舞」※浅井微芳
・書のライブパフォーマンス「傳」※生徒


優美展としての未来

「第10回 優美舎作品展」からは「優美展」と名前を改めて、開催する予定です。
海外交流として、海外での展示、出張展示、書のライブ、舞台公演などを考えております。


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional